ファインメットコアでスピーカーはより高音質になるのか

 ファインメットコア。日立金属の新素材で、オーディオや電源のノイズを取って高音質出来る優れものらしい。

オーディオ界隈に蔓延するオカルトグッズの類は基本疑ってかかる僕なので、

f:id:royongaku:20180321230605j:plain 

早速注文してみた。一番大きい穴経8.3mmなら恐らく大抵のケーブルで

 

f:id:royongaku:20180321230742j:plain

対応してないやんけ。

どうしよう、4個で割といい値段(2400円)したのに。

 

f:id:royongaku:20180321230856j:plain

こうか?とも思ったが、

 

f:id:royongaku:20180321230955j:plain f:id:royongaku:20180321231028j:plain

Apogee Duetの細いケーブルを束ねて通してみたらギリッギリいけた。

ステレオミニプラグは普通にOK。あー、よかった。

 

正直この段階で相当に満足してしまったのだが肝心なのは音質だ。ここまでやっといて何も変わりませんでした展開だと思うだろう、残念ながら音質に変化が起きた。

スピーカーにうっすら乗っていたノイズ(ホワイトノイズとは別の)が消えた、正確には小さくなったのだがほぼ消えたに等しいくらい小さくなった。ふっしぎ〜。

ただ高音質になったか?と言われると微妙というか変わりないというか…ちょっと輪郭がくっきりしたような気がしなくも…程度。

 

結論:効果はあったけど、コレに2400円払う前にケーブルとか電源とかを見直した方が良さげ。というか使い方間違ってるかもしれないけど他に取り付ける場所なかったんだもん許して。